背景無地

着物と帯 最新掲載品のご案内

西陣織九寸名古屋帯 "ドレスデン華文" 勝山健史:作品 ~2018年02月27日update

勝山健史

ヨーロッパの古典的デザインが何の違和感もなく帯地の中に織り出されています。時代性も文化も違っているにも関わらず、帯地として美しい存在感を伝えています。妙な個性や衒いさえもない。絹の艶感と彩色、そして、ヨーロッパ的デザイン性が、制作者:勝山健史のセンスによって美しい調和を保っているだと思います。心地良い美しさが魅力の絹織物です。

型絵染め九寸名古屋帯 "草穂文" ~2018年02月15日update

釜我敏子

型絵染めで描かれたこの作品は、繊細にして、可憐、そして、流麗な美しさに満ちています。名もなき路傍の草花が、染色家の美しい感性で染め描かれているのだと思います。花の名前を知らなくても花香が漂ってくるかの様に、染色家の感じたその心模様が、この作品から感じられるのです。心豊かな染色家が制作した楚々として美しい染色作品です。
染色家:釜我敏子 作品

八重山上布 "中村澄子" ~2018年01月15日update

八重山上布

こちらに掲載をさせて頂いた八重山上布は、およそ100年以上前、貢納布時代に"赤縞上布"と称されていた苧麻織物の"姿"をほぼそのまま保っています。石垣島の海で"海晒し"をされたこの織物は、真っ白に漂白され、紅露で染められた絣はくっきりと浮かび上がっています。白と単調な絣であるにも関わらず、眼に映る以上の色彩の気配が伝わって来るのです。これは、自然素材と織人の手仕事だけで数百年伝承された仕事の証なのです。南国涼感を伝えてくれるお着物です。

草木染め手織絹織 "槐"熨斗目 芝崎圭一 ~2018年02月08日update

芝崎圭一 熨斗目

槐(えんじゅ)からつくられた黄系色の熨斗目織。芝崎圭一ならではの草木染めの柔らかさと絹織の艶感がとても魅力的です。黄系色も織物としては、柔らかな豊かさが伝わって来るのが感じられます。制作者特有の絹糸と天然染料の染色加減がつくる出す色艶と質感が綺麗に表現されています。草木の美しさ、絹のしなさかさを着物として楽しむことを求め得られた格別な絹織物です。

着物と帯のネットショップ

着物

手描き友禅

  • 染めの着物と付下と訪問着
  • 染めの着物と小紋
  • 江戸小紋
  • 染めの着物 別誂えの色無地
  • 紬織の着物
  • 本場結城紬
  • 染織工芸の着物 草木染め紬
  • 長襦袢
  • 夏もの 単衣の着物
  • 竺仙
  • 有松藍絞り
帯

西陣織

  • 染め九寸名古屋帯 染め帯
  • 西陣織 帯地
  • 紬織 帯地
  • 染織工芸帯地
  • 半巾帯 四寸帯地
  • 夏物 単衣 帯地
和装小物と草履 琉球染織

沖縄の着物と帯 紅型 琉球織物

創作御草履と工芸下駄

手組の帯締 京都竹籠職人の竹籠細工

名古屋呉服屋マルトヤの店舗画像
創作着物と帯の専門店マルトヤは、名古屋に店舗を構える染織工芸のきもの専門店です。
所詮は"専門店"ですから、汎用な品揃えではなく、誰にでも好まれる"きもの""帯"でもありません。
弊店にて御覧頂ける"着物"は、作者(職人や染織家)の創意や技能、そして誇りが込められた染織作品と自負を致しています。
末永く愛することの出来る"着物"であるためには、心より想いを寄せることが出来るものであるべきかと思います。
少々個性なるものを保った作品かもしれませんが、お楽しみを頂ければと存じます。
創作着物と帯の専門店マルトヤ 名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:052-262-5638/FAX:052-241-2369
営業時間 AM 10;00~PM 6;30
定休日:日曜日/祭日
但し、ご予約を頂いたお客様に限り、日曜日/祭日のご来店を承っています。
日曜日/祭日ご来店に付いてのご案内はこちらです。